新型コロナウイルス関連情報

新型コロナウイルスになったかも?相談センターに電話する際の基準

色々と影響が大きくなってきた新型コロナウイルス。
情報が多くて、結局どうすればいいの?と少し混乱してきたので、ここで情報を整理してみました。
「もしかして新型コロナウイルスにかかったかも…」と思ったときにチェックしてみてください。

 

 

新型コロナウイルスの影響が広がってきた

WHOがついに新型コロナウイルスの危険度を「非常に高い」に引き上げましたね。

この評価は、WHOが出す危険性の評価が最も高いレベルのものです。

 

管理人
もっと早い段階で「非常に高い」状態じゃないのか?みたいな意見はちら見かけました。。

 

日本では、政府がイベントの自粛や規模縮小の要請をしたこともあって、色々なイベントが中止になったり、施設の休園が発表されています。

 

国内の影響まとめ

まず、この記事を書いている2月29日段階で2月29日~15日まで休園を発表している施設がかなりあります。

 

東京ディズニーランドやディズニーシー、上野動物園や葛西臨海水族館、それに豊洲市場の一般見学など様々な施設で施設利用が中止になっています。

また、イベントなども相次いで中止や延期を発表しています。現在、3月後半までの大規模なイベントは中止になっているイメージがあります。

 

他に身近な影響としては、政府が小中高の急行要請をしたため、スーパーなどではインスタント食品やパンなどの品切れが相次いでいました。

 

管理人
私がスーパーをまわった感じだと、手軽に食べられるものはほぼ売り切れに…。ヨーグルトやヤクルトなども欠品でしたね。

 

国外の影響まとめ

海外にも新型コロナウイルスの影響が出てきています。

 

新型コロナウイルス、ついに南極を除く大陸に上陸したようです。感染力が強いと思っていましたが、予想したより早く広がっていますね…。

 

中国では感染者が2000人を超えたり、ユナイテッド航空が日米間の減便を発表しています。

当然、株式市場にも影響がでてきていて、今後の経済面でも不安が募る状況です。

 

新型コロナウイルスの検査が保険適用へ

そんな中、新型コロナウイルスのPCR検査が保険適用になるというニュースも出てきました。

検査を受けるかもしれない立場の私たちからすると少し安心ですね。

 

検査費用は1万3500円から1万8000円になりますが、国民の自己負担はない方向で調整している段階です。

 

管理人
普段は1~3割が自己負担だけど、それでもお金ないときはキツイから、今回の措置はありがたい!

 

ただし、検査を受けられる人や仕組みは今までと変わりません。

相談センターに電話して、医療機関での受診が必要だと判断された患者のみに行われます。

 

帰国者・接触者相談センターに相談する基準

症状があったら基本的には「帰国者・接触者相談センター」で相談する必要があります。

症状があるからといって、病院に行ってその場で新型コロナウイルスかどうかの検査は受けられません。

 

管理人
ええ?!症状があっても新型コロナウイルスの検査できないの…?政府は国民のこと考えてないんじゃないの?!

 

…と、私も思ったのですが、現段階の新型コロナウイルスの場合は、8割の人は症状が軽く自宅養生で収まる程度の症状です。

また、誰でも受診できてしまうと本当にパニック状態になってしまうのが予想できてしまいます。

 

もう少し早く対応して欲しかった…という本音をぐっとこらえて、今は出来る限りの最大限の対策をした方がよさそうです。

コロナウイルスの相談の基準

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

 

新型コロナウイルスになったかも?そう思った場合の行動

現在、新型コロナウイルスにかかってしまった場合でも、80%は症状が軽い症状で回復しています。
肺炎や呼吸困難で重症になるのは14%程度、危篤状態になるのは5%程度、致死率は2%と発表されています。

 

そのため、持病などがない健康を保っていた人は慌てずに自宅養生等で外出を控える必要があります。

 

風邪の症状や発熱が4日以上ある場合や、強いだるさや息苦しさがある場合はすぐに相談センターに連絡しましょう。

 

ニュースをこまめにチェックして、最新情報を意識

感染症などのウイルスで一番怖いのは突然変異です。

それまでは効いていた薬が、突然変異によって効かなくなった…など状況が一変する場合があります。

 

日本じゃないけど、飼い犬に新型コロナウイルスが感染した例なども出てきています。

 

また、小中高の休校などは突然発表されました。

こういった情報を取りこぼさないために、こまめに最新情報をチェックしたほうがよさそうです。

 

新型コロナウイルスになった場合の行動まとめ

この記事のまとめ

  1. 新型コロナウイルスの影響
    ・国内の影響
    ・海外の影響
  2. 新型コロナウイルスの検査が保険適用
  3. 相談センターに相談する基準
  4. 新型コロナウイルスになったかも?と思ったらする行動
  5. 最新情報はこまめにチェック

【リンク】

厚生労働省/新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター

色々な心配がされている新型コロナウイルスですが、個人単位で出来る対策はインフルエンザなどと変わりありません。

油断せずに、手洗いうがい、咳エチケットを徹底してのりきりましょう。

-新型コロナウイルス関連情報
-

© 2021 経理女子は楽にいきたい