新型コロナウイルス関連情報

【コロナ禍】たった半年で大学の学食が大ピンチ!学食の生き残り戦略とは?

コロナ渦で大学の学食が大ピンチ

飲食店や旅行業界ををはじめ、コロナ禍の影響はすさまじいですが、影響は学食にまで及んでいます。

管理人
よくよく考えてみれば、学食も学校に通う学生がいなければ閑古鳥が鳴きますよね…。

少し調べると、学食が閉鎖している学校もあるとか。

 

管理人
学食って学校が運営しているんじゃないの?学校が支援とかはしないの…?

筆者は学食がある学校ではなかったので分からないのですが…学食って学校が運営しているんじゃないの?

…と、色々疑問が出てきたので調べてみました!

 

同じように疑問を持った方や、コロナ禍で学食がどうなっているか気になる方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

「学食」ってそもそも何?

学食の定食

まずは基本的な知識からチェックしていきます。

学食は「学生食堂」の略字です。

文字通り、学校に通う学生のための食堂になっています。

 

学食の魅力は何と言っても低価格。

学生を相手にしているため、安くてボリュームもあるメニューも多いです。

 

管理人
基本的には薄利多売。毎日、何百食も売れるから成り立っているところが多いです。

そのため、学食は利益を生むために運営するものではなく、学生に暖かくて美味しい食事を安く提供する慈善事業的な要素もあります。

 

因みにですが、基本的には学生をターゲットにしていますが、外部の人でも自由に食べれる学食も多くなっています。

 

学食を運営しているのは誰?

学食

運営は、地元の小規模な給食事業者や弁当製造メーカーが多め

また、国立大学では大学生協が運営する学食もよくあるそうです。

管理人
最近では学食を大学の一つの売りとしているところもあり、そういう学校ではチェーン店や有名店が運営している場合も。

 

 

学食が安い理由は?

食券機

学食は、先ほどにも書いた通りターゲットは学生

そして、利益を生むために運営するものではなく、慈善事業的な要素もあります。

 

そのため、必然的に価格を抑える必要が有ります。

 

管理人
学校側から、メニューや価格についてチェックされているところも多いようです。

 

価格を抑えるための工夫は、学食の至ることろにあります。

カフェテリア式やセルフサービスによる人件費の軽減。

安価な食材や大量に仕入れるなどをして、食材費を抑えたり。

合理的な運営と薄利多売によって、学食は成り立っています。

 

そんな利益が出るか出ないかのラインで運営していた学食。

コロナ禍で影響で学校へ行く学生が激減してしまった学校では、運営が成り立たなくなってしまいました

 

 

大学の学食の「今」。どうなっているのか?

ガラガラの学食

学食がある学校は、高校や大学が大半を締めます。

高校は授業再開しているところも多く、学食も賑わっているようです。

 

ですが、大学は未だに対面授業を全面的に再開しているところは多くありません

そのため、大学の学食は今や存続の危機に瀕しています

 

コロナ禍の学食は不利

普通の飲食店では、イートインからテイクアウトやデリバリー、通販にシフトして生き延びているところが多くなっています。

ですが、「学校」という限られた空間でしか展開できない学食は圧倒的に不利です。

 

管理人
コロナが治まれば、どうにかなるんじゃないの?

…と思う人も多いですが、大学の授業はオンライン化に移行しており、コロナが治まっても今まで通り学生が学校に来るかどうかは未知数です。

 

 

クラウドファンディングを利用して生き延びる学食

クラウドファンディング

このコロナ禍でも何とか乗り切って学食を存続させようと、クラウドファンディングを利用して資金を集める活動も行われています。

慶大の学食を運営している「山食」は大学側と相談し、2月にクラウドファンディングを開始しました。

当初500万円が目標だったみたいですが、開始7日目で目標の551%を達成。

すでに2700万円以上の寄付が集まっています。

管理人
その学校の教職員や学生・卒業生など、学食に助けてもらった人たちを中心に寄附が集まっているようです。

 

一方で撤退している学校も

閉店のお知らせ

学生のためにもどうにかして学食を存続させようとしている店がある一方で、運営会社が撤退を決めて学食を締めた事例も多く出てきています。

「調理人が1人も雇えない」「1日の売上が9000円」など、窮状を訴える声も少なくなく、委託先の撤退で閉店することが多いそうです。

 

 

大学の学食の「今」のまとめ

この記事のまとめ

  1. 大学は学生たちがおらず、学食が存続危機に陥っている
  2. 学食は様々な工夫の元、安くてボリュームあるメニューを実現している
  3. 薄利多売が叶わないコロナ渦では経営が悪化して立ち行かなくなる
  4. 中にはクラウドファンディングを利用して生き延びる学食がある
  5. 一方で、諦めて撤退をして学食がなくなった大学も少なくない

学食がある学校に行っていた人ならば、学校の施設の中でも思い入れのある場所ではないでしょうか。

管理人
私は学食のない高校、専門学校ですが…選択肢の中に学食のある学校があれば行っていたと思います。むしろ今からでも行きたい!

 

普段から食生活を支えてくれている学食は、なくてはならない存在です。

学食は、是非とも存続してほしいですね…。

-新型コロナウイルス関連情報

© 2021 経理女子は楽にいきたい