知っておきたい雑学 知っておきたいあれやこれ

【グルテンフリーとは?】「最近ちょっと調子が悪いかも…」もしかしたらグルテンのせいかも

グルテンフリーの基礎知識

近頃、「最近ちょっと様子が悪いかも…」「なんだかだるいんだよね…」ということありませんか?

もし、あなたがパンやパスタばかり食べている生活を送っていたら…その不調の原因はグルテンかもしれません。

 

身体に負担が少ない、グルテンフリー。

けれど、どうやらグルテンフリー=痩せる!と思っている人もいるようです。

 

管理人
因みに私は「グルテンフリー」の意味は知っているけど、何がどう身体に良いんだろう?と思っていました。

 

今回は改めて知りたいグルテンとグルテンフリーについてまとめてみました。

グルテンフリーについてよく知らない人も、グルテンフリーは痩せる方法じゃないの?と思っている方もぜひぜひチェックしてみてください。

 

 

 

グルテンフリーとは?

小麦

グルテンフリーとは、グルテンを含む食材や食品の摂取を制限する食事療法のことを言います。

 

グルテンとは、小麦から生成されるたんぱく質のこと。

そのグルテンが腸内環境を悪化させてしまう…という事実が研究で明らかになってきました。

 

現在、欧米ではグルテンフリー食品が急速に増えています。

日本でも、小麦の代わりに大豆や米粉を使ったグルテンフリー食品が増えていますね。

 

グルテンの働きとは?

美味しそうなパン

グルテンは食感や外観に影響を与えるため、小麦食品にはかかせない存在です。

 

小麦に水を加えてこねると弾力のあるグルテンが生成されます。

グルテンは、パンでは焼いた時に膨らみを助け、うどんではコシを生むのに一役買っています。

 

 

最近体調が悪い…?その原因はグルテンにあるかもしれない

寒そうな子犬

小麦のたんぱく質であるグルテンには、グリアジンという成分が含まれています。

このグリアジンは分解されにくいために、腸の中に留まりやすい性質があります。

 

管理人
栄養として吸収もされ辛いうえに、他の栄養素の吸収を妨げてしまうことも

 

また、グリアジンは留まるだけではなく、腸の粘膜に入り込み、腸壁の細胞を傷つけてしまうこともあります

腸壁を傷つけてしまうことによって、体内の免疫システムが過剰反応してしまい体調悪化につながります。

 

こんな体調不良があったらグルテンのせいかも

  • なんとなくダルい
  • イライラしやすくなった
  • むくみやすくなった
  • 肌荒れが気になる
  • 風邪がなかなか治らない
  • お腹の調子が悪くて便秘や下痢気味
  • 生理不順

 

 

グルテンフリーにはダイエット効果がある?

グルテンフリーダイエット

日本では、痩せるためにグルテンフリーを取り入れる人が結構いますよね。

けれど、健康な人が実践して何らかの効果があるという科学的根拠は実は見つかっていません。

 

え、本当?でも実践して痩せた!っていう人もいるけど…

 

仮にダイエット効果があった人は、前述記述した腸内環境を改善したからだと考えられます。

 

腸内環境が良くなれば体調が良くなるほか、腸の本来の機能が回復すれば不必要な栄養素の吸収を低下させられるので痩せる可能性があります。

 

また、小麦粉は炭水化物でカロリーがどうしても高め。

そんな小麦粉を控えたことによってカロリーが抑えられた結果、間食が抑えられて痩せる場合もあります。

 

 

おススメの脱小麦実践方法

もしグルテンによる体調不良の可能性があるなら、脱小麦を試してみましょう。

 

…とは言っても、完璧に小麦を食事から抜くのはちょっと難しいですよね。

完璧に小麦を食事から抜かなくても構わないので、無理せず継続的に摂取を避けることが大事です。

期間的には2週間~1か月程度で効果が現れてきます

 

おススメの脱小麦方法

  • 主食の小麦(パンやパスタ、麺など)と間食の小麦(菓子パンやクッキーなど)を避ける
  • 平日だけ脱小麦をしてみる
  • グルテンフリー食材を使う

 

 

グルテンフリー食材どんなものはOK?

料理準備

小麦粉が使われていない食品。

一言で言ってしまうと簡単ですが、私たちが口にするものには意外と小麦粉が使われています。

 

ここではざっくりですが、NG食品とOK食品を紹介したいと思います。

 

グルテンフリーNG食材

フルーツグラノーラ

フルーツグラノーラもNG食品

  • パン
    →サンドイッチやハンバーガー、ベーグルなども)
  • パスタ
  • ピザ
  • スコーン
  • フルーツグラノーラ
  • うどん
  • 雑穀米
  • 中華麺
  • お好み焼き
  • そうめん
  • クッキー、ケーキ、ドーナツ
  • キャラメル
  • コーンのアイスクリーム
  • まんじゅう
  • 餃子、シュウマイ
  • コロッケ、てんぷら  などなど…

 

グルテンフリーOK食材

ビーフン

ビーフンはOK食材です!

  • お米
  • 十割そば
  • 春雨、フォー、ビーフン
  • 果物
  • ナッツ類
  • キャンディ
  • ポテトチップス
  • プリン
  • チョコレート
  • 乳製品
  • 団子
  • 杏仁豆腐   などなど…

 

 

グルテンフリーについてのまとめ

この記事のまとめ

  1. グルテンフリーとは、グルテンを含む小麦の摂取を制限する食事療法
  2. グルテンは小麦食品にはかかせない存在だけど、腸内環境を悪化させてしまう原因になることも
  3. 腸内悪化すると様々な体調不良が起きる
  4. グルテンフリーにはやせる効果は科学的に実証されていない
  5. 脱小麦をするのであれば無理をせず、続けられる範囲内で行うことがおススメ

調べてみると、欧米の「ダイエット」と日本の「ダイエット」の言葉の意味は違うみたいですね。

 

ダイエット(diet)という単語の本来の意味は食事療法

それが、日本だと減量という意味で使われることが多いです。

そのため、いつしかグルテンフリー=ダイエット療法、というイメージが日本では定着したみたいです。

 

減量を期待するのは間違いかもしれませんが、健康には良いのでぜひぜひおすすめです。

-知っておきたい雑学, 知っておきたいあれやこれ

© 2021 経理女子は楽にいきたい