知っておきたい雑学 知っておきたいあれやこれ

【Switch】パネルでポンの裏技を大調査!写真で解説!…めっちゃたのしい。

パネルでポンの裏技紹介

2020年5月20日に、Nintendo Switch Onlineのコンテンツ、スーパーファミコン Nintendo Switch Onlineでついに!パネルでポンが追加されました!

 

管理人
待ってました!ホント。 追加なんてされないと思っていたから、本当に嬉しい。

 

Twitterのトレンドでも、パネルでポンが配信日に話題のキーワードとなりました。

パネポン好きの人が多くて、嬉しくなりましたよね(笑)

 

今回は、覚えているスーファミで使えた裏技が、switchでも使えるのか?

確認しましたのでご紹介します!

(スイッチの画面を撮っているのでゲーム画面はあまり質が良くないです…ごめんなさい)

一緒にパネポンを楽しみましょう♪

 

 

 

 

パネルでポンとは?

1995年10月に任天堂より発売された、スーパーファミコン用ソフトです。

ジャンルはアクションパズルゲーム

 

下からせり上がってくるパズルを、カーソルによって左右に入れ替えてパズルを消します。

天井までパネルがいってしまうと、ゲームオーバーになってしまいます。

 

パズルは縦と横に3つ以上そろうと消えて、4つ以上そろえるか2連鎖以上おこなうと相手に攻撃ができます。

ゲームモード

エンドレスモード:ゲームオーバーになるまでひたすら消す
スコアアタックモード:2分間 にどれだけの点数がとれるか挑戦
ステージクリアモード:1ステージづつクリアしてゆく
パズルモード:謎解きのように決められた手数でパネルを消していく
VSモード:通称ストーリモード

 

パネルでポンの魅力は?

パネルでポンの魅力①アクティブ連鎖

パネルでポンの最大の魅力はアクティブ連鎖

 

連鎖中にもパネルを入れ替えて連鎖が作れちゃうんです。

相手の攻撃ブロックを利用してアクティブ連鎖も作れます。

 

連鎖で作った攻撃ブロックは、連鎖するほど太くなるので勝利への近道としてアクティブ連鎖はマスターしたいところ!

 

パネルでポンの魅力②かわいい妖精たち

パネルでポンのキャラクターはかわいい妖精たちが中心です。

主人公のリップをはじめ、風の妖精ウインディや氷の妖精シャーベットなど魅力あるキャラクターが出てきます。

 

その可愛さはTwitterでも話題になりました。


 

switchで確認済み!パネルでポンの裏技を紹介!

ではでは、お待たせしました!

switchで確認済みパネルでポンの裏技のご紹介です。

ネタバレは極力しないように気を付けてはいますが、責任は負いません。

ご了承のうえ見てください。

 

switch版パネルでポンの裏技①「S-HARD」解禁

VSモード…通称ストーリーモードですが、HARDが一番難しいレベルです。

が、実はさらに上の「S-HARD」が存在します。

 

VSモードのレベルを選択する際に、HARDにカーソルを合わせます。

左コントロールの上(△)ボタン、左コントロールのLボタンを押したまま、Aボタンで決定します。

画面下の背景が赤くなったら成功です。

 

switch版パネルでポンの裏技②仲間にした妖精がすぐに選べる!

VSモードでは、フェニックスとの戦い以降でしかリップ以外の妖精を選べません

けれど、実は仲間になった妖精はすぐに選ぶことができるんです。

 

妖精を倒して次のステージに行くときの画面の切り替わり前から、右コントローラーのXボタンとYボタンを長押し

むしろこの画面でXYを押しっぱなしにした方が安心かもしれない

リップが虹を渡って「いくぞ!」と言って画面が切り替わった後に妖精を選ぶことができます。

 

 

ただし、ここでリップ以外の妖精を選んで、負けてしまった場合はコンティニュー後は強制的にリップに。

 

そして、負けてしまった妖精は最後まで姿を消したままになります。

悲しい。

 

switch版パネルでポンの裏技③2人用であの2人を召喚

switchは離れた相手でも一緒に遊ぶことができるのも魅力的ですね♪

通常、選ぶことができるキャラクタは9人にフェニックスとドラゴンの11人となっています。

 

ですが、右下のなんだか不自然な「?」。気になりませんか?

 

コントローラーの上の部分にあるLボタン、Rボタンをコントローラー2つ同時に押すと…。

魔王サナトスと女神コーデリアを選ぶことができます!

 

switch版パネルでポンの裏技④パズルモードに裏面がある!

本来だと、パズルモードをすべてクリアすると分かるパスワードです。

パズルモードで「NYDJ29JI」を入力すると裏面スタート!

かなり難しくなって1から楽しむことができます。

 

どのくらい難しいかというと…、通常の1-1ステージがこれになります。

1回パネルを動かせばいい簡単なステージ

ですが、裏技を使ったステージの1-1はかなり難しくなっています。

腕に自信があれば、最後までやってみたいですね。

 

そのほか小技いっぱい

全て確認できたわけではないんですが、たぶんこちらもswitchで適用されていそうな小技を紹介。

点数の違い、ちょっと放置して…みたいな、プレイに直接影響があるわけではありません。

が、知っていると楽しくなる仕組みがパネポンにはいっぱいあります!

 

  • スコアアタックで1万点以上出すと、スコア順位の画面での音楽が変わる
  • VSモードのエンディングの種類は難易度、コンティニュー有か無しでメッセージが変わる
  • エンドレスモードは点数によってエンディングが変わる
  • オープニングを見続けると基本的な操作、さらに妖精とモンスターの紹介が見れる!
  • パズルモードでXかYで1つ戻ることができる
  • 電源を入れて最初に出てくる「任天堂!」とリップがしゃべる画面でB、A、L、Lを入力すると、パズルのせり上がりの最大速度に制限がなくなる

因みに、VSモードのエンディングは飛ばすことができず、大体3分45秒くらい待つ必要があります。

めっちゃ長い。

 

パネルでポンまとめ

スーファミ時代にハマりにハマったパネルでポン。

 

実は、シリーズが数種類あるんです。

別の妖精キャラクターになったり、ヨッシーやポケモンなったものだったり。

けれど、私は初代パネルでポンのキャラクターたちが一番好きでした。

なので、今手軽に遊ぶことができるのが本当に嬉しい!

 

管理人
強キャラの笑い方は「おっほっほ」なの?
管理人
仲間が!!!!死んだ!!!!ドラゴン死すべし!!!!

…みたいに思って遊んでいました。

 

色々な思い出がつまったパネルでポン。

ぜひぜひファンが増えてくれれば私も嬉しいです!

-知っておきたい雑学, 知っておきたいあれやこれ
-

© 2021 経理女子は楽にいきたい