知っておきたい雑学 知っておきたいあれやこれ

【画像解説】下着の紙タグ、取り方知ってる?道具もいらない30秒で縫い付けタグの取り方

もしあなたが女性だったら、一度はこれにイライラしたことがあるはず。

私も取り方を知らなかったときは、「どうして縫い付けてあるの?」「どうして取りやすくないの?」とイライラしたものです。

 

あるときはハサミで布を切ってしまったり…。

あるときは力任せで引きちぎって、切れてはいけない糸も切れてしまったり、緩んでしまったり…。

せっかくの新品が台無しになったことも結構ありました。

 

ですが、この方法を知ったら新品を傷つける、なんていうことがなくなりました。

そのイライラを解消するのに道具はいりません。簡単にできます!

……と前置きが長くなってしまいましたが、今回は下着(パンティ)の紙タグの取り方について解説しています。

意外と知らない人も多いこの方法、ぜひ試してみてください!

 

 

 

 

新しい下着はここがイライラ?

買い物の山

私が実家に帰った時のことです。

年の離れた妹がいるんですが、その際の出来事をご紹介します。

 

ねえ、おねえさん。たくさん下着を買ったんだけど、タグ外すの面倒だから手伝ってよ。
管理人
えー…、まあ、やることないし、いいよ。
やった!じゃあ、これ、はい。
管理人
…?え、ハサミ?
綺麗に取ってね。
管理人
(…本気で言ってるのかな?試されてる?)

一瞬、何か新しい試練を与えられたと思いました。

けれど違って、妹に聞いたところ、紙のタグを毎回悪戦苦闘しながら取っていたみたいです。

ハサミやカッターなどの道具を使っても、力任せにひっぱっても綺麗に取れたことがない。

だから、おねえさんがどうやってとるか知りたかった。

そう、妹は証言していました。

 

下着の紙タグとは…?

女性なら、下着を買ったときについてくる紙タグについてはご存知だと思います。

下着(パンティ)に付いているコレです。

下着の紙タグ
価格や素材、サイズなどがが記載されている、縫い付けられているタグですね。

 

管理人
これ、最初に見たときは結構困惑した覚えが個人的にあります…

 

下着って型崩れしやすいだろうし、縫い付けたほうが見やすさや配送時の扱いやすさが良いだろうけど…。

正直、購入後に一番厄介なのが、この紙タグを取ること。

ちょっと引っ張ってみても、簡単には取れないようにご丁寧に縫い付けてあります。

何で縫い付けてあるの?!と思う人も少なくないはず…。

 

取り方を知らないと、せっかくの新品がボロボロに…

はさみ

この紙タグが縫い付けている糸。

縫製ラインとほぼ平行か、重なって縫われていることが多いため、結構イライラしますよね。

 

ハサミで取ろうとしても、間違って布を切らないように慎重に切らないといけないし、綺麗に取れない…。

糸を切る裁縫道具のリッパーを使っても、縫製糸を切ってしまったりしてせっかくの新品がボロボロに

紙を折りたたんだりして折り目をかなりつけたりして、紙タグを破っても綺麗に取れない…。

 

私の周りの女性や、ネットでも調べてみると、結構イライラしながら毎回苦労して取っている人も多いみたいです。

 

管理人
けれど…実はこの紙タグ、道具ナシで、しかも30秒くらいで簡単に取れるんですよ

 

下着の紙タグの取り方

道具は特に必要ありません。

ハサミやカッターがなくても簡単に取れるんです。

まず、生地の裏面を見ます。

紙タグが縫い付けられている裏側ですね。

すると、紙タグを縫い付けている糸の端が雑に処理されていて、ほつれています。

見づらいんですが、黒丸の部分ですね。

この糸の絡まりをまず解きます。

管理人
商品(パンティ)によっては、紙タグを縫い付けてある糸の色が違うことも。親切設計ですね!

 

糸の絡まりを解いたら、紙タグを軽く引っ張ると…糸の端が緩んでいきます。

あとは、この緩んだ糸を端から抜いていけば…道具なしで簡単に取れます。

管理人
今までの苦労は何だったんだろう…と思うくらい意外と簡単に取れるんです。これを知っていれば、新しく買った下着も嬉しい気持ちで着れますね!

 

下着の紙タグの取り方まとめ

この記事のまとめ

  1. 道具はいらない
  2. 30秒くらいで取れる
  3. 糸や布を切ったりもしない
  4. 紙タグが付いている生地の裏側から糸を引っ張り出す
  5. 紙タグを引っ張る
  6. 徐々に外していく
  7. 簡単!

もし、ハサミやピックを使って紙タグを取った際に、誤って縫製の糸を切ってしまったり、布を切ってしまった場合。

当たり前ですが、返品や交換はできません。

 

管理人
お店側の過失ではなく自分の過失なので、返品や交換に応じてくれる可能性はかなり低いです。

 

今回紹介した方法だと、道具も使わずに下着を傷つけることなく紙タグが取れます。

ぜひ今回の方法を試してみてください。

-知っておきたい雑学, 知っておきたいあれやこれ
-

© 2021 経理女子は楽にいきたい