知っておきたい雑学 知っておきたいあれやこれ

生理がこない…(涙)生理不順、私は一人で悩んでアレで解決

女性にとって、憂鬱ともいえる月に一回の生理

なかなか大っぴらに話したり、相談したりできる話題でもないので一人で悩んでいる人も多いのでは?

 

特に、何か問題や不安がある場合はネットで調べてみてどうにか不安を解消しようと必死で…。

管理人
私も過去に、生理が来ないときがあって一人で悩んでいました。

 

一番の問題解決方法は、病院に行って検査することだけど、正直勇気が必要ですよね…。

そこで今回は、私もなってしまった生理不順についてまとめてみました。

悩んでいる人がいて、参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

 

生理不順になるとどうなるのか?

大勢の人がぱっと思いつくのは”妊娠”に関連することではないでしょうか。

それも当たりなんですが、それ以外にも放置しておくとがんになりやすかったり、他の病気になっている可能性もあります。

また、女性ホルモンが出ないことによって、骨粗しょう症になって骨折しやすくなったり、男性の身体に現れるような現象(ひげが濃くなったり)がおこりやすくなります。

生理がこないと?

  • 妊娠しづらくなる
  • 将来、がんになりやすくなる
  • 骨折しやすくなる
  • 何か病気にかかっている可能性がある

 

正常な生理周期

一般的に言われている、生理の周期があります。

数日の差は問題ないとして、目安として確認してみてください。

 

また、生理は年齢によって変化する症状です。

始まってから2年ほどと、閉経する頃は周期が不安定になりがちになります。

生理の周期の目安

  • 生理周期が25~40日
  • 1週間程度のずれはおおむね正常

■年齢による生理への影響■
10代はまだ未熟なので生理が不安定になりがち。
20代前半で基本的には規則的になります。
45歳ころに更年期が始まり、55歳には殆どの人が生理がなくなり閉経へ。

 

生理不順の原因は…

生理不順になってしまう原因は人によって様々ですが、よくあるのはもともとの体質だったり、過度の負担をかけてしまうことです。

過度の負担とは、短期間での体重の増減や精神的なストレスですね。

 

これらによって女性ホルモンがちゃんと出なくなってしまい、生理がストップしたり周期が大幅にずれてしまったりして生理不順になってしまいます。

 

それと、重大なのは女性ホルモンがちゃんと出なくなってしまうと、改善するのに時間がかかってしまうことです。

人によっては治療に2年かかることもあります。

 

当然ですが、その間は妊娠ができなかったり、がんになりやすかったり…とリスクが大きくなってしまいます。

生理不順の主な原因

  • ストレス
  • 過度なダイエット
  • 過剰なスポーツ
  • 多のう胞性卵巣症候群(排卵しにくい体質)
  • 何か病気にかかっている

 

生理不順で病院に行く目安

まず、妊娠の可能性が僅かでもある場合は、妊娠検査キットでチェックしてみましょう。

薬局なら500円くらいで購入可能です。

病院で検査すると、精度が高いけど値段もお高めなので薬局行きましょう。薬局。

 

それと、いつもはちゃんと生理がきてるけど、今回は遅れている…という場合はとりあえずは過度に心配する必要はありません。

食生活と睡眠に気を付けつつ、次回の生理周期を再度チェックしましょう。

 

病院へ行く目安

・いつも生理が不定期にくる
→10代は6か月以上あくのであれば、病院に行った方が良い
→20代以上は3か月以上あいたら病院を検討

・6か月生理がこない
→至急病院へ行くことを検討しましょう

 

生理不順、病院に行かなくても効果があった3つの方法

私もここまで、色々と調べたんですが…やっぱり病院に行くのには抵抗があって…結局行きませんでした。

そろそろ行った方が良いとは思うんですが、産婦人科の扉って重くって足が向かないんですよね。

 

 

そこで、病院に行く前にやれること、私が実際にやって効果があったものを紹介していきます。

管理人
あくまで私が生理不順を解決した方法になります。参考程度に確認してみてください。

 

基礎体温を毎日計ってみる

基礎体温をつけることで、排卵しているかどうかがわかります

病院に行く余裕やお金がなくても、毎日1分で出来るのでかなり有用です。

 

また、自分の体温を把握しておくことは、日ごろの体調管理にも役立ちます。

熱が出る状態は、一般的には37℃以上…なんて言われていますが、人によって様々です。

普段の平熱が35℃の人が36.5℃になっていた場合、まぎれもなく熱が出ている状態ですよね。

 

自分の平熱を確認しておくことは、損ではないのでおススメです。

 

規則正しい生活。よく寝る。

「自分はちゃんと規則正しく生活している!」という人でも、案外、睡眠時間が足りていないって人が多いです。

1日6時間以上は確保しましょう。

(それでも、世界的にみると睡眠時間は少ないです…)

 

また、食生活にも出来るだけ気を配るのも重要です。

出来るだけ栄養素が語らないように、またサプリメントなども併用してバランスに気を付けましょう。

それと、極端なダイエットは身体が飢餓状態だと判断して、生理不順の原因にもなります。

カロリーの摂取制限もほどほどに。

 

鉄分や必要な栄養素の摂取

私が生理不順になって、一つ大きく変えた習慣があります。

それが、鉄分入りの飲むヨーグルトを飲み始めたことです。

1日分の鉄分のむヨーグルト

大体1日1本のペースで飲んでいました。

効果が出るのが1か月以上飲み続けてからなので、続けることが結構重要です。

 

大体、1か月飲み続けて…あれ?生理がきた。

2か月目…生理が直ってきたし、なんか身体の調子がいい!

3か月目…身体が軽いし、睡眠の質もよくなったし、貧血も症状軽い!

みたいな感じでした。

 

私の場合は、もともと遺伝的にたんぱく質が不足しやすいので、飲むヨーグルトが体質的に合っていたのもあります。

もっとお手軽に摂取したい場合はサプリメントもいいですね。

 

生理不順ポイントまとめ

この記事のまとめ

  1. 生理不順になるとどうなるのか?
  2. 正常な生理周期
  3. 生理不順の原因
  4. 生理不順で病院に行く目安
  5. 生理不順、病院に行かなくても効果があった3つの方法
    ・基礎体温のチェック
    ・睡眠多めの規則正しい生活
    ・鉄分入りの飲むヨーグルト

今回は生理不順についてまとめてみました。

最後の鉄分入りの飲むヨーグルトについては、個人的に本当におすすめです。

コンビニで買うと、120円くらいしちゃうので、少々お財布には痛いのが正直なんですが、美味しいし効果も実感できています。

 

生理不順は、なって欲しくはないんですが…なった場合、身体からのSOSだと思って受け止めるのも大事ですね。

たとえなってしまった場合でも、あまり深刻にならずに前向きに改善をしていきましょう。

-知っておきたい雑学, 知っておきたいあれやこれ
-,

© 2021 経理女子は楽にいきたい