美味しいスイーツ、お菓子・飲み物

【酸っぱいコーヒー】原因は鮮度にあった!美味しい酸味と酸っぱさの違いは?

コーヒーの酸っぱさの原因は「豆の鮮度」

突然ですが、コーヒーの酸味って好きですか?

実はコーヒーの酸味って大体の人が苦手なんです。

酸味が苦手だから、ついつい苦さが強いコーヒー豆を買ってしまう人も多いそうです。

 

けれど、コーヒーの酸味って実は「まずい酸っぱさ」「美味しい酸味」の2種類あるのはなかなか知られていません。

 

管理人
正直私もコーヒーの酸っぱい感じが苦手でした。けど、ある時飲んだコーヒーが劇的に美味しくて…。「酸味のないコーヒーですね」と言ったら「酸味強めのコーヒーです」とお店の人に言われました。

そう、ほとんどの人が苦手だと思っているのは「まずい酸っぱさ」。

豆本来の酸味は、とてもとても美味しいんです。

 

今回は、そんな多くの人が苦手な「まずくて酸っぱいコーヒー」の原因や、あまり知られていない「美味しいコーヒーの酸味」についてまとめてみました。

 

こんな方におすすめ

  • 酸味のある、酸っぱいコーヒーが苦手
  • コーヒーはミルクと砂糖入れないと絶対飲めない
  • 酸味の少ないコーヒーが飲みたい…
  • 安いとコーヒーを買ってストックしがち
  • 毎日飲むなら美味しいコーヒーが飲みたい
  • コーヒーが酸化したらどうなるのか知りたい
  • 自宅で美味しい、極上のコーヒーが飲みたい

 

管理人
自宅で美味しいコーヒーを飲むのって、なかなか難しいですよね。けど、鮮度のいいコーヒー豆を用意するだけでまずい酸っぱさを解消するだけじゃなくて、すっごい美味しいコーヒーが飲めるんです

 

 

鮮度の良いコーヒーは酸味が強くても美味しい

鮮度のいいコーヒーは酸味が美味しい

酸味のあるコーヒーは苦手…という方、多いですよね。

管理人
私も酸味のあるコーヒーってわりと苦手でした…。が、そもそも私が思っていた”酸味”は本来のコーヒーの酸味と全然違った!

 

究極的な答えを言ってしまうと、鮮度の良いコーヒー豆の酸味は美味しい!

鮮度の落ちたコーヒー豆はどれも嫌な酸っぱさが出てくる!

 

もちろん、コーヒー豆によって味のバランスやフレーバー、焙煎の度合いで違ってきます。

が、どのコーヒー豆でも共通で言えて、美味しいコーヒーの絶対条件は鮮度の良さです。

 

では、鮮度の良い豆と鮮度の悪い豆の酸味はどんな感じの酸味なのか?

それぞれ頑張って表現していきたいと思います。

 

鮮度の良い豆の酸味

コーヒーチェリー

鮮度の良い豆の酸味とは、豆本来が持っている酸味

 

分かりやすそうな表現だと、柑橘系のようなフルーティーな感じの酸味です。

管理人
コーヒー豆は、コーヒーチェリーと呼ばれる果実の種子の部分なんです。そのため、フルーティーな感じがするんです

 

飲んでみて「酸っぱい」と思わず思ってしまう感じというよりは、飲んでみて仄かに感じる…くらいですね。

嫌な感じは全くなくて、果物を食べたときのようなどこか甘さも感じられる酸っぱさです。

管理人
この豆本来の美味しい酸味を感じるためには、鮮度の良い豆が絶対条件になります

 

鮮度の落ちた豆の酸味

コーヒーは鮮度が落ちたら酸っぱくなる

一方で、多くの人が苦手なコーヒーの酸味

 

あの酸味は豆が古くなってしまったことによる酸化が原因の物。

豆本来が持つ酸味とは全然別モノなんです。

 

コーヒー豆は、焙煎後に空気に触れることによって酸化していきます。

どんなに良い豆でも、どんなに焙煎状態が良くても容赦なく酸化していきます。

 

そして、酸化していくと酸っぱい…いわゆる、多くの人に嫌われるコーヒーになってしまうんです…。

管理人
もし良いコーヒー豆や粉を手に入れることが出来たら、もったいなくても早めに味わってしまうのが正解なんです

 

酸味について、ちょっと友人使って実験してみた…

ごめん友人、でも面白かった

去年くらいの話になるんですが、コーヒーの酸味について実感したことがあります。

友人Aを家に招いたことがあったんですが、その際にこちらのコーヒー豆で煎れたコーヒーを出しました。

 

うっわ、このコーヒーめっちゃ美味しい!フルーツっぽい感じがして、ちょっと苦いけどこのまま飲める!

普段、コーヒーにはミルクと砂糖が絶対必要!と言っていた友人が、ブラックで飲んでいたので相当美味しく飲めたんじゃないかと思います。

 

その2か月後、再び友人Aを家に招いて同じコーヒー…前回から2か月経った同じコーヒーを出してみました。

…え、今日のコーヒーまずい…。こないだ飲んだやつが良いんだけど…

 

同じコーヒーなのに、明らかな反応でした。

 

友人曰く、「2か月間で何回かコーヒーを飲んだけれどもこの前のコーヒーの美味しさに勝つものを見つけられなかった」とのこと。

同じコーヒーなのに、酸化によってこうも反応が違ってくるのはなかなか面白かったです(笑)

 

因みに、その時購入したコーヒーはこちらです。興味があればどうぞ。

<<コーヒー苦手な友人が、牛乳も砂糖も入れずに「美味しい」といったコーヒー屋はコチラから

 

酸っぱいコーヒーにしないために焙煎後どのくらいの期間で飲み切るべき?

焙煎後1か月以内に飲み切りたい

コーヒー豆は、焙煎後から徐々に酸化していきます。

 

焙煎をしてから少し寝かせてからが一番おいしく飲めるタイミングですが、焙煎後1か月以内に飲み切るのが理想です。

もし、コーヒー豆本来の美味しさや香りを最大限楽しみたいなら焙煎後2週間くらいまでに飲むのが◎。

それ以上時間が経ってしまうと、酸化の嫌な酸っぱさが目立ち始めます。

 

どんなに高級であろうとも、どんなに焙煎師の腕がよかろうと美味しくなくなります。

少しでも長く楽しみたい場合は、保存にも気を付けましょう。

管理人
酸化を食い止めるために、空気を遮断する保存瓶などを利用するのも効果的です

 

 

酸っぱいコーヒーは飲めるのか?

酸っぱくなったコーヒーは飲んでも大丈夫

買ってきたコーヒー、もう1か月以上経ってる…。これって飲んで大丈夫なの?

コーヒーの酸っぱさについて知ってくると、そう思ってくるのも分かります。

私の家にも、既に購入してから2か月以上経っているスーパーで買ってきたコーヒーの粉があります。

 

結論から言えば、飲めます。

管理人
というか、スーパーで売っているコーヒー。あれは既に酸化して酸っぱさが出ているコーヒーだと思って◎。いや、嬉しくない事実だけど

調べてみると、市場に出回っているコーヒーのほとんどが「参加している酸っぱいコーヒー」…みたいです。

チェーンのコーヒー店でも、新鮮な豆のコーヒーを飲めるところがかなり少なめ。

ちゃんとしてそうな個人の専門店でも、酸化した豆のコーヒーが出てくるところも多いみたいです。

 

 

酸味の美味しいコーヒーはほとんど出回ってない

新鮮なコーヒーはなかなか出会えないかもしれない

焙煎してから1か月間がコーヒーの美味しく飲める期間です。

 

スーパーに置いてあるコーヒーが1か月以内ですべて入れ替わるかと言えば、入れ替わりません。

けど、コーヒーのギフトボックスなんて、既に詰められてお店の店頭に置いてあることがほとんど。

 

技術が進んで、空気を遮断するパッケージが開発されたとしても、焙煎されて時間が経つにつれてどんどん酸化していくのは事実。

酸化して嫌な酸っぱさがまだ出ていない、新しい豆のコーヒーはどこで飲めるの?

 

この問いに対する答えとしては「美味しいコーヒーが手軽に飲める場所は…ちょっと難しいかもしれません…」

コーヒー専門店でも、酸化したコーヒーを出しているお店が圧倒的に多く、確実に美味しいコーヒーはここ!とは言えないんです。

 

美味しいフルーティーな酸味のあるコーヒーを飲むには、自分で焙煎するか通販で購入するのが確実と言えそうです。

管理人
私は家の裏にコーヒー豆を焙煎しているお店新しくできて、ある日好奇心で入ってみたらコーヒーの世界が変わりました。いや、本当に酸味のあるコーヒーはフルーティーで美味しい!

 

通販だと、最近ここで買って飲んだコーヒーが同じく美味しかったです。友人も美味しいと言っていたコーヒー。

<<焙煎したコーヒーを美味しいタイミングで送ってくれるお店の公式サイトはコチラから

 

 

コーヒーの美味しい酸味と酸っぱさについてのまとめ

この記事のまとめ

  1. 鮮度の良いコーヒーは酸味が強くても美味しい
  2. コーヒーの酸味は2種類。「美味しい酸味」と「まずい酸っぱさ」
  3. 美味しい酸味は、豆本来のフルーティーな酸味
  4. まずい酸っぱさは、焙煎後時間が経って豆が酸化したもの
  5. 美味しいコーヒーは焙煎後1か月以内に飲み切るべし
  6. 市場に出回るコーヒーのほとんどが参加したまずいコーヒー

実は、焙煎直後のコーヒーってあまり美味しくないみたいです。

焙煎して、少し寝かせてからが美味しくコーヒーが飲めるタイミング。

なので、良いコーヒー屋は焙煎してから飲み頃になるまで数日寝かせておいて、それからお客に提供しています。

 

探し出すはなかなか難しいとは思いますが、鮮度にこだわっているコーヒー屋を見つけたら、ぜひ酸味のあるコーヒーにチャレンジしてみてください。

-美味しいスイーツ、お菓子・飲み物
-

© 2021 経理女子は楽にいきたい